読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白くなっていきたい。 ver.趣味だらけ

ゲーム、ライトノベル、アニメ、漫画などなどの感想、個人的な趣味のブログを書いていきたいと思います。

【漫画感想】アカメが斬る! 10

 

 あらすじ

激闘に生き残ったマインは、ついに一世一代の行動に!?  一方、帝都ではシュラの秘密警察“ワイルドハント”が、暴虐の限りを尽くす。 怒りに燃えるウェイブたちイェーガーズだったが――!? 圧倒的な悪との戦いを描く、帝都動乱の第10巻!

 

 

マインがなんとタツミに告白、そして成功。アカメがヒロインだと思っていたので以外でしたが、結構お似合いの2人。ほかの作品ならば微笑ましいところではありますが、この作品ではもはや死亡フラグにしか見えない・・・。いや、ほかの作品でも割とそんな感じですね。

 

そういう展開はもちろんですが、今回は主人公たちではなく帝国側のチームイェーガーズと大臣の息子率いるワイルドハントとのいざこざ。

エスデスがいない中ではありながら、ワイルドハントの行動が目に余り、同じ帝国側であるイェーガーズと戦うことに。

 

しかし素手でウェイブがシュラを殴り飛ばしたところはすっきりした・・・これでまた立場的に手を出せないみたいな感じだったらずっともやもやしているところでした。

 

さらにはランの宿敵もそのワイルドハントにいるらしく。戦うべき相手がナイトレイドではないこの内部分裂感・・・とてもいい。とても熱いです。

しかしワイルドハント意外と簡単にほとんどが退場。その代わりイェーガーズからもランが退場になったわけですが・・・。

 

ここでクロメの能力発動。死者を操るその刀。クロメもかわいらしい印象が強かったのですが、そういえば初登場時は死体の山の上にいたんでしたね・・・。

この瞬間が一番狂っている、と思ってしまいました。

 

しかし姉と対峙したときにわずかながら動揺していたみたいですし、これからどうなるかが気になります。