読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白くなっていきたい。 ver.趣味だらけ

ゲーム、ライトノベル、アニメ、漫画などなどの感想、個人的な趣味のブログを書いていきたいと思います。

【ライトノベル感想】落第騎士の英雄譚 7

 

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)7 (GA文庫)

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)7 (GA文庫)

 

 あらすじ

「私が勝ったら、ヌードモデルになってもらう……」

試合スケジュールの変更で二連戦となった一輝は、《一刀羅刹》で第一試合に勝利した。だが、次の試合ではその切り札が使えない。しかも次戦の相手サラは一輝自身を創り出して戦わせられるほどの実力者。そして一輝を絵のモデルにしようと執拗に迫ってくる、いろんな意味で侮れない相手!?
剣士vs画家の異色対決! しかしそこには考えうる限り最悪の展開が待ち受けていた!?

「《幻想戯画》――比翼のエーデルワイス

《世界最強》vs《無冠の剣王》再び! 激戦必至の第七巻、登場!!

 

 

6巻がバトル三昧な巻だとすればこちらはバトル以外のものもあり、全体的にとても綺麗にまとまっている巻でした。

 

まずはサラとの日常シーン。とてもいい・・・対戦相手のことを知る、みたいなのは前からある流れでしたが、サラの印象をがらりと変えるといいますか、めちゃくちゃかっこいいんですよね。

実はサラ、好きでも嫌いでもなかったのですが、今巻で好きになってしまいました。かっこよくて、かわいらしいとこもあっておっぱいがでかい。

 

そんな日常シーン。じゃあバトルと全くかい離しているのかといえばそうではなく、ダウナーな感じのサラに本気を出させるためのきっかけを得ることができる意味のあるもの。ただの日常シーンで終わらせないところはさすがです。

 

そしてそんなサラに影響を受けてイッキと父親が仲直り、もといわがままを言うような仲に。いやここでは泣かないと思っていたのに、気付けば普通に泣いてました。こういう家族ものに弱いんですよね。

 

そしてもちろんバトルも充実。サラはエーデルワイスを描き、それを実体化。ほんと反則なんじゃないかと思う力に対し、一刀修羅を使えないイッキ。ボロボロに負けながら、相手の全力を出させて、なんとか勝利。

最後サラ自身もわがままを言っていましたし、さすがイッキにわがままを教えた相手ということでしょうか。

 

しかし一番強烈だったのは次巻への引き。珠雫が控室でたくさんの刀にさされはりつけにされているという恐ろしいシーン。恐らく天音の能力が関係しているとは思いますが果たして。

次はいったん零巻を挟もうと思います。