読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白くなっていきたい。 ver.趣味だらけ

ゲーム、ライトノベル、アニメ、漫画などなどの感想、個人的な趣味のブログを書いていきたいと思います。

【ライトノベル感想】落第騎士の英雄譚 5

小説

 

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)5 (GA文庫)

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)5 (GA文庫)

 

 あらすじ

七星剣武祭開幕! !

『ついに、ここへ来たんだ……』
暁学園の強引な参加表明により、波乱含みとなった七星剣武祭。それでも、夢見た大舞台を前に《落第騎士》黒鉄一輝の心は高揚していた。平然とした態度で大会参加者に交じる暁メンバーや、ステラの到着遅れといった不安要素がありつつも、初戦の相手、前回七星剣王・諸星雄大との交流を経て、一輝は全てを出し切る戦いをあらためて誓う。
だがそんな彼の前に《風の剣帝》黒鉄王馬が突如現れる。しかも王馬の圧倒的な力に立ち向かおうとする一輝を、思わぬ体調不良が襲い!?
盤外で渦巻く思惑、消えない不安要素、そのすべてを断ち切って頂点を目指す、誓いの第5巻!

 

 

一回戦から決勝戦みたいな熱さだった・・・。

とうとう始まった七星剣武祭。一輝の相手は一回戦から前回の優勝者である諸星雄大。作品内でも言われていましたが、ものすごい運ですよね、一輝。

 

暁学園の参加というイレギュラーがありつつも、やはり戦いは普通に行われる。しかし戦い、というよりかはなんか大会といった方がしっくりきますね。

なんだか部活動の大会を思い出してしまった。スポーツよりの熱さもあります。

 

前半は戦う相手である諸星雄大の掘り下げ。関西弁キャラというのは勝手に親しまれていて、親しみやすい、というイメージがあるのですが、諸星もそのような感じ。

しかしこういうところを見せられると主人公にも諸星にも負けて欲しくないと思ってしまいます・・・。

 

黒鉄王馬と戦った時、不調だと思っていたのは強化フラグだったのか・・・。

エーデルワイスと戦ったことにより、相手の剣技を盗んだ一輝。その動きに体がついてこれなかったというだけで不調でもなんでもなかったぜ。

 

軍学園のときには刀使いとあたることが多かったのですが、諸星は槍ということで今までなかったような戦闘が見れたような気がします。

弓や蛇腹剣などもありましたが。

 

個人的にこの5巻を通して一番好きなところはステラが遅刻してくるところ。

ギリギリまで修行していて、しかもその修行描写が一切なく、間に合わなくて試合が延期される・・・まさに少年漫画の王道というような感じがしてわくわくしていました。

 

しかもその遅刻のペナルティとして自分が所属しているブロックの相手全員と同時に戦うという展開。

しかもその中には暁学園の者が3人も含まれている・・・まだ6巻は読んでいないのでわかりませんが、修行で強化されたステラの力が見れるのでしょうか。

 

始まったばかりとは思えないほど面白い内容でした。