読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白くなっていきたい。 ver.趣味だらけ

ゲーム、ライトノベル、アニメ、漫画などなどの感想、個人的な趣味のブログを書いていきたいと思います。

【ライトノベル感想】ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 9

 

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか9 (GA文庫)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか9 (GA文庫)

 

 あらすじ

大森藤ノ×ヤスダスズヒトが贈る、圧倒的ダンジョンファンタジー、第九弾!
「モンスター……ヴィーヴル?」
新たなダンジョン階層域『大樹の迷宮』に進出したベルは、竜の少女ウィーネと出会う。 人語を話し、人からも怪物からも襲われる孤独な少女を保護することを決めるのだが……。
「竜女か──久々の上玉だ」
忍び寄る暴悪の狩猟者達の魔の手、覆すことのできない人と怪物の軋轢、そして動き出すギルドの真の主。 一匹の竜の少女を巡り、都市に波乱がもたらされる。
人と怪物、神々を揺るがす異常事態──ダンジョンの異変に迫る迷宮譚第九弾!
「ベル……大好き」

これは少年が歩み、女神が記す、
──【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──

 

 

新章突入ということでわくわくしていました。

今度はどんなことが起こるのか、とある程度予想していたのですが、全てが外れました。今回のテーマはモンスター。

 

今まで何気なく倒してきたモンスター。迷宮からわくということで謎の多い存在ではありましたが、今回はなんと知性のあるモンスターが登場します。

ウィーネと名付けられた竜女をベルが助けるわけですが・・・。

 

これ今まで通りベルかっこいい、で済まされる話ではないですよね。

話せるし、人を襲わないとはいえモンスター。意図的にではないにしろ、人を傷つけることもあるかもしれません。

それをかくまうということは他の全ての人間を敵にまわすかもしれないことなんですよね。

 

ミアハなどは話をきいて理解してくれましたが。

そんな中、現れる他にも知性をもったモンスターたち。めちゃくちゃ友好的で一緒に宴を開いたりとしていますが、どうやら目的は人間たちとの和解。

 

これはモンスター側だけではなく、ギルドの最上位の意見でもあります。そのかけ橋として選ばれたのがベルたち、ヘスティアファミリア。

 

話せるモンスターは襲いかかってくるモンスターは問答無用で倒してくれ、と言っていましたが、これって根本をゆるがす問題です。

実際ベルは戦うモンスター全てがウィーネのように生きている、と意識してしまったことでモンスターを倒すことが出来なくなっていましたし。

 

ダンジョンにいき、モンスターを倒すというこの作品の基礎となる部分が一気に変わってしまった感じ。

モンスターとはなんなのか、それを生み出すダンジョンとはなんなのか。ますます謎が深まるばかりですが、この先の展開が楽しみです。