読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白くなっていきたい。 ver.趣味だらけ

ゲーム、ライトノベル、アニメ、漫画などなどの感想、個人的な趣味のブログを書いていきたいと思います。

【ライトノベル感想】僕は友達が少ない 10

小説

 

僕は友達が少ない 10 (MF文庫J)

僕は友達が少ない 10 (MF文庫J)

 

 あらすじ

今度こそ本当に、三日月夜空、復活!
慰安旅行がきっかけで、隣人部は生徒会主催のクリスマス会の準備に関わることになる。隣人部の面々がそれぞれ他の部員や生徒会メンバー、その他の生徒達との仲を深めていくなか、柏崎星奈はついに気づいてしまう

――「もしかしてあたしって……人望ないのかしら」「いまさら!?」

とツッコみながらも小鷹は星奈に協力し、自らも“本気で”変わることを決意する。そしてついに、リア充界最大の祭典、クリスマスが訪れるのだが……。

大人気残念系ラブコメディ、激動の第11弾。少年少女達の気持ちが複雑に交錯する聖なる夜、今度こそ本当に、三日月夜空、復活!!

 

 

こういう感じの話が本当に好き。最初の方のいくつかの話にわかれているギャグ調の話もいいですが、僕がこの作品を最後まで読みたいと思ったきっかけは後半の展開を読んでからなんですよね。

 

隣人部が少しずつ変わっていく。友達が出来たり、生徒会の面々と大きく関わっていたり、その結果なかなか部室に来れなくなっていたり・・・。

こうなってくると序盤のわいわいがやがやしていた雰囲気が懐かしい。

 

しかしこの巻ではやはり夜空の完全復活が大事なところでしょう。9巻からある程度元気を保っていましたが、ヤケクソ気味でしたしね。

星奈の本性が周囲にバレ、まわりの悪口から守るために叫ぶ夜空。やはりなんやかんやこの2人、仲いいですよね。

 

小鷹もそんな2人を守るために不良のふりをします。みんな変わって小鷹も大分馴染めてきた中だったので惜しいところもありましたが、素直にかっこよかったです。

 

再び学校での評判が落ちてしまった小鷹でしたが・・・最後の最後に一気にもってかれた気がします。

幸村からの告白、そしてOKする小鷹。いやいやいや、星奈のこと好きだって言ってたからてっきり卒業したら星奈と付き合うエンドかと思ってたんですが!

 

こういう創作の付き合う付き合わないって告白して無理だったらそこでフェードアウト的な印象があったのですが・・・好きな人が複数いるというのもまあ、ありっちゃあり・・・?

 

色々評判がよくなってきた中で評判を落としてしまったものの、なんとなくその位置が落ち着くような気もします。