読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白くなっていきたい。 ver.趣味だらけ

ゲーム、ライトノベル、アニメ、漫画などなどの感想、個人的な趣味のブログを書いていきたいと思います。

【ライトノベル感想】犬と魔法のファンタジー

小説

 

犬と魔法のファンタジー (ガガガ文庫)
 

 あらすじ

未踏の地を夢見て、若者たちが冒険の旅に出たのも今は昔。平和な時代が長く続くこの大陸では、冒険なんて今どき流行らないし、食べていけない。若者たちの夢は、無事に就職すること―。

主人公・チタンは口下手で要領の悪い大男。一生安泰の宮廷務めを目指し就職活動に明け暮れるも、すべて不採用。現実は残酷で、理不尽で、不公平だ。絵に描いたような英雄譚はどこにもない。チートな能力に目覚める朝も、聖剣を抜く日もやってこない。職業無し、武器無し、特技なし。

田中ロミオ最新小説は、ファンタジー世界なのに、リアルな青春。

 

 

人類は衰退しました平常運転のあとがきで、次は剣と魔法のファンタジーといっていたのですが・・・犬と魔法のファンタジーだった・・・しかも夢も何もない・・・。

 

限りなく現代に近いファンタジー世界で行われるは就職活動。全く内定のもらえない主人公はまわりの友人たちが苦悩しつつも内定をもらっていく様子を見て焦り出す・・・という就職活動している人にはなかなかに刺さる内容。

 

いや、僕自身まだしたことがないのでこの内容がどこまでフィクションなのか、というのが気になるところですが、作者さんのあとがきを見て「おお・・・」というなんともいえない感じになりました、怖い。

 

口調の堅い人物が多く、そんな口調で現代にありがちなやりとりをされるだけで面白い。というかファンタジー世界なのに妙にリアルなんですよね。

 

しかしこの世界では冒険者というのはどうやら無職のニートと同じ扱いらしく・・・とはいえ稼げることもある、らしいのでなかなか実のならない職業といったところでしょうか。

 

単巻作品なので日数の経過がはやく、読んでいて早足という印象はなかったのですがもう少しだけゆっくりと読んでいたかったというのが本音。

細かいところをじっくりと読んでみたかったですね。

 

また、もう少しエピローグを読んでみたいとも思いました。しかしもう少し読んでみたいと思うのはそれだけ面白い証拠でして。

とても楽しませていただきました。