読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白くなっていきたい。 ver.趣味だらけ

ゲーム、ライトノベル、アニメ、漫画などなどの感想、個人的な趣味のブログを書いていきたいと思います。

【ライトノベル感想】僕は友達が少ない 9

 

僕は友達が少ない 9 (MF文庫J)

僕は友達が少ない 9 (MF文庫J)

 

 あらすじ

三日月夜空、復活!?
冬の日の夕暮れ。友達との本気のぶつかり合いによって前に進むことを決意した羽瀬川小鷹は、逃げ出してしまった告白の返事をする。それと時を同じくして、三日月夜空から隣人部の部員たちに一通のメールが届くのだが……。

新たな局面を迎えた隣人部は、生徒会と共にスキー研修で宿泊する旅館の下見(という名目の慰安旅行)に行くことになる。小鷹の迷走によって結果的にもたらされた“外側のコミュニティ”との交流は、どんな化学反応を引き起こすのか? 大人気シリーズ第十弾、複雑な人間模様の織り成す残念な恋と笑顔の物語、開幕! ポロリもあるよ!

 

 

この作品はこういう話が面白い。9巻になって生徒会の面々とも大きく絡むようになり、隣人部が隣人部だけにおさまらなくなってきました。

 

一番の大きな変化は小鷹でしょう。理科との喧嘩により、逃げ出すことをやめて星奈にもしっかり告白の返事をしていました。

答えとしては好きだけど、隣人部を壊したくないから我慢してくれ、というもの。

 

まあ、ぱっと見なかなかに失礼な返事かもしれませんが、どうやら逆に星奈には好評な様子。僕はこの時点で「ああじゃあ卒業したら星奈と付き合うのかな」と自分では至極真っ当だと思う事を考えていたのですが・・・。

 

逃げ出す事をやめた小鷹はなんというか・・・とても素直に。夜空のことをどう思う?って聞かれてはっきりと「重い」と答えるのはさすが。

一応メインヒロインだと思っていたのですがこの扱い。

 

さらには今現在一番仲がいい友達は理科、という発言により夜空は昔友達だったというアイデンティティさえ失ってしまいます。

そこからの旅に出るという流れなのですが、小鳩に見つかりちゃっかり小鷹家に上がっていた・・・。

 

小鷹は昔のことは昔のこと。今はもう違う、ということでソラとタカではいられないとはっきりと断言したんですよね。

 

三日月夜空復活!?と書かれていますが完全に強がり。まだまだダメージを負っている状態で無理矢理復活した満身創痍な感じ。

これは次巻どうなるのか期待ですね。

 

というかさらっと小鷹が遊佐のはだけた浴衣を見て「スポーツブラだからセーフ」感だしてましたが、スポーツブラでもやばいでしょ・・・。