読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白くなっていきたい。 ver.趣味だらけ

ゲーム、ライトノベル、アニメ、漫画などなどの感想、個人的な趣味のブログを書いていきたいと思います。

【ライトノベル感想】ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン 4

 

 あらすじ

北域での過酷な戦争を生きぬき、多くの犠牲を払いながらも生還したイクタたちを待っていたのは、厳正なる軍事裁判だった。そして裁判のあとに開かれた軍議で、サザルーフは、イグセム元帥やレミオン大将といった高官たちに、ある突飛な要請を提案する。実はそれは、密かにイクタから託されたもので―。

やがて帝国騎士の少年少女たちは、複雑な内政問題や激しい海戦に巻き込まれていくことになる…。話題沸騰の本格ファンタジー戦記、第4巻。これまでとは異なる戦いに立ち向かうイクタたち。その奮闘に注目せよ!!

 

 

戦記ものはあまり読んだことがなかったので分からないのですが、イメージとしては個人的に戦いの連続、というイメージがあったので日常色の強い今巻の内容は驚きでした。

 

日常だけではなく、しっかりと頭を使った問題解決や、地域の問題などで見せ場を作っていて他の巻に負けず劣らず面白い。

とくに軍事裁判は分かってはいましたが、なかなかに残酷。やったことを考えればそれぐらい当然、とは分かっていても難しいものがあります。

 

今までは主人公であるイクタに焦点が当たることが多く、またその幼馴染であるヤトリにも焦点は当たっていました。

そんな中、今巻はイクタの親友マシューに焦点が当てられています。

 

やはりどうしてもイクタが目立ちますから、こうした他キャラに焦点があてられる内容は補完の意味も兼ねて助かります。

さらに天才天才と言われながらも活躍することの少なかった姫。彼女も今巻においてはまさしく天才と言われるであろう活躍を見せています。

 

内容ははしやすめ的な内容のはずなのにページをめくる手は他の巻と変わらないところがすごい。

 

戦記ものということや、3巻で主人公が自分で小指を切り落とすという場面などなどでなかなかとっつきにくい印象を持っていた作品ですが、思い切って1巻を読んでよかったと思えるものなので、ぜひ。