読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白くなっていきたい。 ver.趣味だらけ

ゲーム、ライトノベル、アニメ、漫画などなどの感想、個人的な趣味のブログを書いていきたいと思います。

【ライトノベル感想】落第騎士の英雄譚 3

小説

 

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)3 (GA文庫)

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)3 (GA文庫)

 

 あらすじ

「この戦いで私の限界を試してやる!」

学内戦も終盤に近付き、とうとう始まった戦績上位者同士のつぶしあい。最愛の兄と共に歩んでいくために身につけたすべての力を賭して、珠雫は学園最強の生徒会長“雷切”東堂刀華に挑む。

一方徐々に評価を高めつつある一輝に、黒鉄本家はその牙を剥く。卑劣な罠により虜囚の身となる一輝。引き裂かれるステラとの絆。そしてついに迎えた最終戦、満身創痍の“落第騎士”の前に、過去最大の敵が立ちはだかる。

怒涛の盛り上がりを見せる『校内編』、逆境の第3巻!降りかかる艱難辛苦を斬り払い、七星の頂へ駆け上がれ!

 

 

校内編クライマックス。

そんなわけでとても盛り上がる内容になっています。初っ端から珠雫VS生徒会長刀華という展開はずるい。

もしかして一瞬で勝負が決する感じ・・・?とも思いましたがそんなことはなく、しっかりと一戦分楽しむ事ができました。

 

そんな中、主人公たちは生徒会長の依頼を受けるのですが・・・いえ、おかしいと思ったんですよ。なんで序盤の方に終盤にあってもおかしくないようなラブコメ展開が凝縮されているんだろう・・・、と。

 

まさかの展開。主人公とステラの関係がバレてしまい、さらに主人公の実家の力で主人公がふしだらな人間だと広められてしまいます。

無視してもいいようなひどいいいがかりですが、胸をはってステラと付き合っていることを言いたいと思った主人公は反論をしに向かいます。

 

しかしそこで待っていたのは監禁に似た壮絶な暮らし。一方的に向こうから質問を浴びせられ、こちらの主張は取り合ってもらえない。

さらには薬物投与で満身創痍に。

 

いや・・・これ高校生相手にすることではないでしょう・・・ブレイザーとはいえ・・・。

見ていられないほどに主人公に厳しい展開。心を折られていく中、とある代理者と戦って勝てば許されるという展開に。それが生徒会長、『雷切』。

 

ボロボロで満身創痍な主人公でしたが、それでもなんとか打ち勝ち、全国へ。

 

やはりこういうどん底に落としてくる展開は好きです。反撃シーンが際立つので。ただその落ちている間はもやもやしながら読んでいました。

もういっそそこにいるやつ全員倒して、とまで思ってしまうほどに。

 

その反撃が生徒会長を倒すこと、というのが少し悲しいですが、それでも当人は本気で戦いに挑んでいましたし、納得できるような結果でしたね。

さすがに今回ばかりは主人公負けると思いました。いや、それを通り過ぎて死ぬとまで思いました。

 

この先、さらに熱い展開になりそうなので期待です。

しかしふと3巻まで読んで思いましたが、対戦相手の依頼をこなしつつ、事件に巻き込まれ、最後には対戦相手と戦うという展開、ロックマンエグゼ4みたいで好きだ・・・。