読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白くなっていきたい。 ver.趣味だらけ

ゲーム、ライトノベル、アニメ、漫画などなどの感想、個人的な趣味のブログを書いていきたいと思います。

【ライトノベル感想】アクセル・ワールド 10 Elements

 

アクセル・ワールド〈10〉Elements (電撃文庫)

アクセル・ワールド〈10〉Elements (電撃文庫)

 

 あらすじ

『遠い日の水音』―西暦二〇四六年、秋。新生“ネガ・ネビュラス”の一員となったシルバー・クロウことハルユキだが、とある過失でバーストポイントを急激に減らしてしまう。窮地に立ったハルユキに、タクムは加速世界の“用心棒”を雇うことを提案する。『最果ての潮騒』―西暦二〇四七年、春。新入生・能美征二の策略によって、かつてない危機に陥ってしまったハルユキ。時を同じくして、黒雪姫は修学旅行先の沖縄で、奇妙なバーストリンカーに“対戦”を仕掛けられていた。『バーサス』―西暦二〇四七年、春。ハルユキはブレインバースト内で、黒い剣士の姿をしたアバターと出会う。次元の壁を越えて、二人の主人公が激突する!待望の特別編。

 

 

アクア・カレントのデザイン最高すぎません?

短編集ということで時系列は少し昔になります。1話目はシルバークロウがレベル2に上がる話。

バーストポイントの残量を確認せず、レベルアップしたシルバークロウはバーストポイントを多く失い、全損の危機に。

 

そこで用心棒を雇う事になったのですが、それがアクア・カレントというレベル1。それなのにレベル4などを簡単に倒してしまうのはたぶん本当に強い証拠なのでしょう。

確かに相性のいい相手でしたが、それでもここまでのレベル差を覆すとは。

 

というかこのアクアカレント、本編に名前だけ出て来ているエレメントのうちの1人ですよね、黒の王と昔仲間だった。

用心棒する代わりにアクアカレントについての記憶を抜き取られてしまいましたが、本編で出会った時どうなるのでしょうか。

 

沖縄編では能美とかいう本当に最高な純悪役(あそこまでいくと清々しい)とハルユキが戦っている間の黒雪姫のお話。

クリキンがかっこいい話でもあります。

 

しかしのんびり遊んでいるかと思ったら・・・ものすごくハードじゃないですか・・・。話的にも重いし・・・。

生徒会役員のお話かと思いきや、黒雪姫と恵の話に。

 

加速世界ではレジェンド級のエネミーをテイマーした恐らく加速研究会らしき人物との戦闘。あの人たちはほんと普通に色々なものを越えていきますね・・・。

しかしハルユキの元へペガサスのようなエネミーにのって現れた理由も分かりましたし、満足。

 

そして最後はまさかのキリトとの戦闘。これは同じ作者だからできることですよね。SAOとのコラボ。

キリト強い、本当に強い。ただ、お互いいいライバルだったと認めるぐらいには言い勝負でした。

 

この短編集を読んで、アニメの構成って完璧だったよなあ、と。2クール分に5巻までとか詰め込まずに続編をにおわせつつ、能美編を終えて綺麗に終わる。

そして短編の話も時系列順に入れていくという。

 

ぜひ続きをやってもらいたいです。あと、本編では領土戦みたいです、ほんと。