読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白くなっていきたい。 ver.趣味だらけ

ゲーム、ライトノベル、アニメ、漫画などなどの感想、個人的な趣味のブログを書いていきたいと思います。

【ライトノベル感想】棺姫のチャイカⅢ

小説

 

棺姫のチャイカIII (富士見ファンタジア文庫)

棺姫のチャイカIII (富士見ファンタジア文庫)

 

 あらすじ

「胸っ!?増量!?」「何を置いても先ずそれかよ!?」「豊胸。秘訣。是非教授」

俺、トール・アキュラは思わずチャイカを振り返って突っ込み、でもってまた慌てて視線を逸らした。胸がどうとか、全く自分の周りの女共はどうして揃いも揃って慎みってものがないのか―。

チャイカの“捜し物”を求めて旅する俺たちは、温泉で休息に浸っていたが、またも正体不明の少年・ギイと遭い、“捜し物”をもつと思しき『皇帝殺しの英雄』の情報を得る。それで英雄シモン・スカニアがいるという『還らずの谷』へ赴いた俺たちは、ジレット隊と正面衝突することになり、崖から落ちてしまう―。

 

チャイカワイイ。前も書いたような気がしますが、個人的に作品には好きなキャラが1人いるとかなり読むモチベーションに繋がります。チャイカが可愛い。

 

アニメを見ていなかったものとしてはかたこと言葉の少女という印象しかなかったわけですが、1巻を読んで「外国語を頑張って話している」からかたことという理由になるほど、と。

そういうキャラ付けなのではなく、自国の言葉はペラペラなのですね。

 

一番の驚きというか発見はそこだったのですが、この3巻も安定して面白かったです。1、2、3巻と絶対にある一定のラインはこえてくるという印象。

まだ爆発的に面白い!という場面はないのですが、乱破師もいますし、こういう物語の方がいいような気もします。

 

今回は読んでいて辛かったというか、霧の中で幻覚を見せられるというどうしたらいいのか分からない展開。そしてその使用者はすでに死んでいたというなんともやりきれない終わり方でした。

 

しかし乱破師でやはりトールは他人を信用できないのかと思っていたら、主を信用しなかったらただの無法者のセリフに痺れました。

この作品、ヒロインだけじゃなくて主人公もかっこよくて、魅力的です。

 

今のところは遺体回収も順調ですが、これからどうなるのか。