読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白くなっていきたい。 ver.趣味だらけ

ゲーム、ライトノベル、アニメ、漫画などなどの感想、個人的な趣味のブログを書いていきたいと思います。

【ライトノベル感想】デュラララ!!×13

 

 あらすじ

これは、歪んだ物語。歪んだ恋の、物語──。
そして彼らの恋の行方は──。

「これからここで始まるのは────ダラーズの、集会だよ」
東京・池袋。この街は今まさに混沌の坩堝と化していた。首無しライダーと繋がる全ての人が巻き込まれ、決着の時を迎えようとしている。かつて親友だった少年たちは心と身体に傷を負いつつ、お互いを想いながらも対峙する。かつて犬猿の仲だった二人は、怒りを超えた最後の殺し合いへと発展していく。かつて額縁の向こうから見ていた少女は過去の自分を乗り越えるべく必死になる。かつて幸せだったはずの歪な恋人たちは、引き離されたその先の試練へと挑んでいく。
そしてかつての首無しライダーは、その姿を街に誇示するように──。
全ての始まりを告げたあの場所に集う時、歪んだ恋の物語が、幕を閉じる──。
さぁみんな一緒に、デュラララ!!×13

 

 

やったッ!第1部完ッ!

というわけで長く読み続けて来た物語がとうとう終わりを迎えました。第1部が終わっただけとはいえ、帝人たちの物語は終わりなようで少し寂しいですね。

 

色々なところで色々なことが起こり、え、これどう終わるの?と思っていた最後でしたが、群像劇らしくその色々なことが最後には1つに集まり綺麗に終わった印象があります。

 

ダラーズにスポットが当たることがおおく、少し出番が減っていたセルティが綺麗に終わらせるというのがとてもいい。

この物語らしいというか、結局はやはりセルティの物語なんだな、と。

 

しかし帝人の狂い方はすごいですね・・・。12巻でも相当あれだったのでこれ以上はないだろうと思っていたらそれをこえてくるとは・・・。

ダラーズを綺麗に消すために警察と粟楠会の玄関に銃を撃ち込み、さらには正臣すら撃って、最終的に自殺しようとするとは。驚愕です。

 

1部が完結しただけで「結局あの人の最後はどうなったんだろう?」と思う点があるのですが、それはご想像にお任せしますと言われたら補完できるぐらいなので問題はありませんでした。

投げっぱなしではなく、あくまでそれが終わりだと納得できるレベルです。

 

その1人が臨也です。静雄との真正面からの殺し合いをして、瀕死の重傷をおった後どうなったのかがまだ分かっていません。

まあ、どこかで生きているんだろうなあ、と思う程度にしぶといですけれど。

 

ものすごく絡み合ってたものが綺麗にほどけていく様は気持ちがいいですね。

場面全てがクライマックス。登場人物が多く覚えられないかなあ、と思ったキャラたちもあまり間をあけずに読むとすらすらと頭に入ってきます。

 

SHをすでに買ってあるのでさっそく読みたいですね。

とはいえ、まさか3、4巻で帝人たちの話を終わらせようとしていたとは・・・かなり長い物語にはなりましたが、とても面白かったです。