読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白くなっていきたい。 ver.趣味だらけ

ゲーム、ライトノベル、アニメ、漫画などなどの感想、個人的な趣味のブログを書いていきたいと思います。

【ライトノベル感想】ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン 3

小説

 

 あらすじ

アラファトラ山脈でアルデラ神軍の大軍と向かい合う、疲労困憊の帝国軍。勝ち目の見えない状況で、イクタは起死回生の奇抜な作戦を決行する!
そしてかたや、帝国軍を攻めるアルデラ神軍の中に、ひときわ目を引く一人の軍人がいた。彼こそ、『不眠の輝将』と讃えられる英才。強敵としてイクタの前に立ちはだかる男であった――。

不世出の二人が激突し、息詰まる戦いが展開される。果たして結末は……!?話題の本格派ファンタジー戦記、ますます盛り上がる第3巻の登場!

 

コミカライズもされているアルデラミン3巻。読書メーターに同じ桃草という名前で登録しているのですが、その読書メーターの知っている方達はほとんど読んでいるという作品。ただ、まわりにはいないのが悔しい。本当に面白い。

 

戦記ものということで、戦争などが行われているのですが、ラノベらしい軽快な掛け合いや、ファンタジー要素の精霊というのもありつつ内容的にはがっつりと戦記もの。未だかつて小指を切り落とした主人公がライトノベルでいただろうか。

 

いや、それよりもむごい目にあっている主人公いそうですが普通に。内容的には2巻の続き的な内容で、2巻も相当面白かったのですが、それをさらに上回ってきました。それは確実に不眠の輝将の存在が原因の1つです。

 

今まで頭の回転のいい主人公イクタが機転をきかせて突破してきたのですが、そのイクタと同じぐらい頭の切れる相手が登場する。いわばライバルですよね。

無双・・・というほどではないにしろ、今まですごい成果を上げて来たイクタが苦戦する姿は熱く、読む手が止まらなくなりました。

 

しかし「きつい・・・」と思わせるような表現がとてつもなくうまい。それこそ小指を切り落とした時も相当描写がうまく読んでいて自分の小指が気になってくるほど。

戦っていて、これ結構絶望的な状況じゃないか・・・と思うような描写が没入感を強くしています。

 

最終的にはなんとか帰ってこれましたが、辛い戦いでした。次は少し明るめの内容になるのでしょうか。