読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白くなっていきたい。 ver.趣味だらけ

ゲーム、ライトノベル、アニメ、漫画などなどの感想、個人的な趣味のブログを書いていきたいと思います。

【新潮文庫】知らない映画のサントラを聴く

 

知らない映画のサントラを聴く (新潮文庫)

知らない映画のサントラを聴く (新潮文庫)

 

 あらすじ

錦戸枇杷。23歳。無職。夜な夜な便所サンダルをひっかけて“泥棒”を捜す日々。奪われたのは、親友からの贈り物。あまりにも綺麗で、完璧で、姫君のような親友、清瀬朝野。泥棒を追ううち、枇杷は朝野の元カレに出会い、気づけばコスプレ趣味のそいつと同棲していた……! 朝野を中心に揺れる、私とお前。これは恋か、あるいは贖罪か。無職女×コスプレ男子の圧倒的恋愛小説。

 

最近ちらりと再読したので感想を。とらドラ、ゴールデンタイムなどの竹宮ゆゆこ先生の新作。とはいえ出たのは去年ですが。

単巻作品でこの本一冊で完結しているのも読みやすくてとてもいいです。

 

なぜまた今時期にこの感想を書くのかというと本当にお気に入りの作品だから。去年読んだ本の中で一番好きな作品でした。本当にそれぐらい震えた。

ライトノベルかどうか分からなかったのでタイトルは文庫レーベルにしました。

 

無職の主人公枇杷はもう今は亡き親友である朝野からの贈り物を奪われてしまい、その泥棒を探していたところ、泥棒はセーラー服を着たコスプレ男だったという話。

いや、簡単に書きましたがこれまるでどんな話か分からないですね・・・。

 

そのコスプレ男は結果朝野の元彼だったわけですが、お互いがお互い朝野の死に対して後悔だとか懺悔したい気持ちを抱えている似たもの同士。

枇杷の独り立ちを援助するために家族に家から追い出された枇杷は行くあてがないのでそのコスプレ男の家に住ませてもらうことに。

 

相変わらずとてもねじ曲がった恋愛模様。いや、これを読んでいる時最後の最後まで「これ恋愛ものなのか・・・?」と首をかしげてしまうほどには変わり種。

しかし読む手が止まらない止まらない。

 

唐突に行動を開始するのはこの作者さんの登場人物らしい行動で全体的に重めな作品なのに面白い掛け合いなどで読むのが辛いということはありませんでした。

もちろんうおお・・・これは悲しい・・・という読むのが辛いところもありましたが、そこもまた本を読んで気持ちが動かされていると思い、むしろ気持ちがいい。

 

何が一番つらいって溺れても枇杷が助けてくれると言っていた朝野が溺死で亡くなってしまったことでしょう・・・。

作品が始まった時からすでに朝野は亡くなっているのですが、たまに挟まれる過去話によりなぜかこっちにまで苦しくなるような喪失感が。

 

中だるみなんて全くなく1日中最初から最後まで読みとおしてしまいました。続きが気になるんですよね、やっぱり。

 

読んで損はないと思う作品。すごくいいものが凝縮された作品でした。

 

作品中、枇杷(びわ)の花言葉に触れることがあったのですが、枇杷花言葉は「治癒」「あなたに打ち明ける」だそうです。

読み終わってもいい余韻に浸れるのは最高。