読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白くなっていきたい。 ver.趣味だらけ

ゲーム、ライトノベル、アニメ、漫画などなどの感想、個人的な趣味のブログを書いていきたいと思います。

【ライトノベル感想】ゲーマーズ!雨野景太と青春コンティニュー

 

 あらすじ

趣味はゲーム。それ以外には目立った特徴もなく、かといって平凡な日常を愛していたりもしない、真の意味でのモブキャラぼっち高校生、雨野景太。そんな彼が突然、生徒会でハーレムを宣言したり、ゲームであっても遊びではないMMO世界に閉じ込められたりするわけでもなかったのだが…。「…私に付き合って、ゲーム部に、入ってみない?」学園一の美少女でゲーム部の部長、天道花憐に声をかけられるという驚くほどのラブコメテンプレ展開に遭遇。ゲーム好きな美少女たちとのラブコメの始まりかと思いきや!?こじらせゲーマーたちによるすれ違い錯綜青春ラブコメスタート!

 

この作者さんの生徒会の一存シリーズを読んでいたというのが実は一番の購入理由だったのですが・・・なんだこれすごく面白かったです。

 

生徒会の時からの読みやすさは変わらず、シリアスな感じも少なめで楽しく最後まで読み終わることが出来ました。

タイトルの通りゲームの話題がたくさん出て来るお話で主人公のゲーム話には思わず「わかるわかる」と思ってしまうことばかり。

主人公のスタンスが下手でもゲームが好き、だったのでとても共感することが多かったです。

 

相変わらず掛け合いが面白い。最初は主人公がぼっちということで会話自体そこまで多くなかったのですが、途中から仲間が増えてくると「これだ・・・これが読みたかった・・・」という気持ちに。

 

生徒会は主人公がハーレム宣言をしている割には人間関係のいざこざはそこまで多くなかったような気がするのですが、今回は勘違いによるいざこざがいくつも。

話1つ1つが面白く、それだけでも楽しめるのですがこの勘違い(好きだ嫌いだという恋愛面での勘違い)がこの先どのような結果になるのか。そういう大きな筋としてのストーリーもとても楽しみになりました。

 

それでも一番楽しめたのはゲーム話題部分。ゲームをあまりやらない人も楽しめる作品だとは思いますが、ゲーム好きならまず間違いなく楽しめます。

ゲームをしたくなるライトノベル、というのもなかなか珍しいとは思いますが。

 

キャラクターも1人1人魅力的で、美少女がとても多くはありますが現実からそこまで解離しているわけではなく、どこかにリアルっぽさがあります。

特に主人公のぼっち描写がリアル過ぎる!変な古傷開きそう!

 

さりげなく碧陽学園の話題もでてきてにやり。この世界は生徒会の一存シリーズとも繋がっているようです。