読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白くなっていきたい。 ver.趣味だらけ

ゲーム、ライトノベル、アニメ、漫画などなどの感想、個人的な趣味のブログを書いていきたいと思います。

【ライトノベル感想】東京レイヴンズ 10 BEGINS/TEMPLE

小説

 

 あらすじ

「ごめんな、夏目。でも、いつか…きっと、また会おう」

夏目を蘇らせるため『泰山府君祭』を執り行った春虎。夏目が目を覚ましたとき、その姿はもう何処にもなかった。そして夜は幾度も廻り―舞台は、冬の気配深まる山寺へ。幼い頃に寺に預けられ、下っ端として雑用をこなす少女・秋乃は、新入りの面倒を見るよう命じられる。蛟の生成りだという新入りに、不吉な予感を覚える秋乃。時を同じくして、三人の『十二神将』が来訪し、山寺は俄かに騒がしくなるが…!?大人気陰×陽ファンタジー、それぞれの想いと星の宿命が交錯する、待望の第二部―いよいよ開幕!!

 

2部が始まりました。9巻では色々と衝撃なことだらけでとても大きな規模の戦いだったのに対して今回は1つのお寺の中での出来事。

とはいえ、狭いのは場所だけで陰陽庁との関係を見ると小さいとも言えないのですが。

 

2部開始ということだからか新キャラも出てきました。秋乃。これで春虎、夏目、冬児と春夏秋冬が揃ったんですね。

まあ、このことに気付いたのは他の方の感想を読んで、だったんですが・・・。

 

最初は秋乃のお寺での過ごし方や夏目がお寺に新入りとして入ってから秋乃との出来ごとが書かれています。9巻がとてもじゃないけど日常って感じではなかったので、ここで少しはねやすめできるかな、と思いきや・・・やはり夏目が気にしているのはいなくなった春虎のこと。

 

禁忌である術を使い、指名手配されることになってしまいましたから・・・どうやら他の仲間たちもバラバラになっているようですし。

9巻読んだときは1巻で春虎自身が止めた禁忌の術を春虎がやるという皮肉チックな展開に燃えたものでしたが、こうしてみると事はかなり深刻ですね。

 

お寺と陰陽庁のいざこざもしっかり書かれている中、同時に春虎との事も進んでいく。そしてとうとう登場する春虎。

なんかもう完全にラスボスチックというか、眼帯にマントってかっこよすぎるでしょう・・・。

 

しかしやはりこの巻で解決はしませんでしたね。

個人的に一番驚いたのは死んだ人間を生き返らせる禁忌の術、泰山府君祭が失敗していたということでした。夏目は生き返ったのではなく、あくまで死んでいる、って感じなのでしょうか。

 

仲間がそれぞれ修行して強くなってまた集まるという展開が好きなので今後の展開が楽しみです。