読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白くなっていきたい。 ver.趣味だらけ

ゲーム、ライトノベル、アニメ、漫画などなどの感想、個人的な趣味のブログを書いていきたいと思います。

【漫画感想】東京喰種:re 1

 

東京喰種トーキョーグール:re 1 (ヤングジャンプコミックス)

東京喰種トーキョーグール:re 1 (ヤングジャンプコミックス)

 

 あらすじ

群集に紛れ、ヒトの肉を喰らう。ヒトの形をしながら、ヒトとは異なる存在…“喰種”。“喰種”を駆逐・研究する〔CCG〕は、あるひとつの命題を果たすため、実験体集団を新設。──その名は「クインクス」。「まともな人間」ではない彼らと、佐々木琲世一等捜査官が“東京”で向き合うものとは──!?

 

2巻が発売するとのことで、読み終わったのは結構前ですが感想を書きたいと思います。

 

東京喰種は今、アニメ2期が放映中。その続編というか新章にあたる今作。あんていくがCCGに襲われそしてその後どうなったのか・・・。という続きにあたります。

 

主人公は変更(?)して佐々木琲世というCCGの一等捜査官。ここから分かるように今のところ捜査官側に重点を置いて話が進んでいます。

正直言うと、無印東京喰種では捜査官側の話より喰種側の話が好きだったのでどうなるのかなあ、と思っていたんですがすごく面白かった。

 

喰種の噂をきいてはそれを倒すために捜査をする。なんというか怪事件に挑んでいるみたいで見ていて全く飽きません。

なるほど、捜査官側から見るとこんな感じなんですね。

 

とはいえ、今回主人公チームであるクインクスは若干普通の捜査官とは違うのですけれど。全く新しいキャラクターであるはずなのにすでに感情移入できるような感じになっているんですよね。

 

そして佐々木琲世はただの新キャラではなかった。これは記憶をなくした金木なんでしょうか。相変わらず戦いは迫力があります。

 

前の仲間たちが出てくるとうおお!とテンションが上がります。新章に入り、キャラクターが一新されたとはいえ、完全に続編という感じなので前作から入るのが一番いいと思います。

 

続きが気になる、もといなぜこの巻で才子ちゃんが出て来ないのか、という悲しみがあったので次巻が本当に楽しみです。