読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白くなっていきたい。 ver.趣味だらけ

ゲーム、ライトノベル、アニメ、漫画などなどの感想、個人的な趣味のブログを書いていきたいと思います。

【ライトノベル感想】ロクでなし魔術講師と禁忌教典

小説

 

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (富士見ファンタジア文庫)

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (富士見ファンタジア文庫)

 

 あらすじ

アルザーノ帝国魔術学院非常勤講師・グレン=レーダスは、自習→居眠りの常習犯。まともに教壇に立ったと思いきや、黒板に教科書を釘で打ち付けたりと、生徒もあきれるロクでなし。そんなグレンに本気でキレた生徒、“教師泣かせ”のシスティーナ=フィーベルから決闘を申し込まれるも―結果は大差でグレンが敗北という残念な幕切れで…。しかし、学院を襲う未曾有のテロ事件に生徒たちが巻き込まれた時、「俺の生徒に手ぇ出してんじゃねえよ」グレンの本領が発揮される!第26回ファンタジア大賞“大賞”受賞の超破天荒新世代学園アクションファンタジー!

 

久々にこういう王道作品を読みたくなったので。

主人公が生徒ではなく、講師側というのは割と珍しいと思います。いや、確かに全くやる気のない講師ではありますが・・・。

 

やる気のないグレンが臨時講師をすることになり、あまりのやる気のなさに生徒とゴニャゴニャと争い、しかし本気を出せば講師としてもすごく・・・最終的に生徒を守るために戦うという超王道ながらとても面白い作品でした。

 

毎回言っているような気もしますが、王道ってたまに悪い意味で使われる言葉です。しかし、そういう盛り上がる展開を書いている作品はしっかりと面白い。これは悪いことではないと思います。

 

しかし・・・この講師グレンが教えるのは魔法の詠唱とか、そういうものではなくそもそもなぜ魔法というものが出来たのか。

詠唱とはどこまで効果があるのかという特殊なもの。確かにこれは他のクラスからも見物人が来るぐらいに面白い授業ですよね。

 

ファンタジー作品の中には当たり前のように魔法があったりしますが、それってじゃあどういう仕組みなの?というところまで書いている作品はあまりないような気がします。なぜか読者まで授業を受けている気分になる・・・。

 

とはいえ、魔法の腕前はそこまででもない主人公。最高の授業をするからには最高の魔法使いなのでは・・・?と思いきや、ただ単に俺TUEEEというわけでもないという。結構制限のある中戦っています。

 

面白かったのですが、2点だけ。

主人公の好みがとてもわかれそうです。普段はやる気のない講師、でも本気を出したらすごい。という主人公が好きならばいけそうですが、割と本気で序盤はやる気がないので嫌な人は嫌な人物だと思います。

 

それもこれも主人公の魔法嫌いからなのですが、少し異質な過去を持っている様子。

まだ主人公の過去についての掘り下げが少ないということも大きいとは思いますが。今後に期待です。

 

そして、ヒロインらしき2人以外の人物とのやり取りが少ないことでしょうか。せっかくの学校もので講師もの。多くとまではいかなくともせめて名前がしっかり出ているキャラクターとは絡んでほしかったです。

これも今回は1巻ということもあり、難しい要素ではあるので次巻以降に期待。

 

なんだかんだ偉そうなこと書いてきましたが、面白かったですし、すでに2巻も購入しています。3巻が今月出るので、それも楽しみに読んでいこうと思います。