読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白くなっていきたい。 ver.趣味だらけ

ゲーム、ライトノベル、アニメ、漫画などなどの感想、個人的な趣味のブログを書いていきたいと思います。

【漫画感想】ワールドトリガー 10

漫画

 

ワールドトリガー 10 (ジャンプコミックス)

ワールドトリガー 10 (ジャンプコミックス)

 

 あらすじ

キューブ化された千佳を守りながら、基地の手前に辿りついた修。しかしあと一歩のところでハイレインとミラに襲撃されてしまう!! 修を援護するため、遊真や仲間も奮闘するが!? 大規模侵攻編終幕!!

 

基本的にアニメ化!と言われてから「面白そう」と思い漫画を買う僕が前情報なしアニメ化前に買った数少ない作品。

まあ、とはいえ単行本派なので本誌を追っている人から言えば今更だろうと言われてしまうレベルではあります。

 

あらすじにもある通り、大規模侵攻編がこの巻で終わりです。割と長かった印象がありますが、面白いので問題ないです。色々な人が言っていますがワールドトリガーはやっぱり単行本で一気見がいいですね。

 

修が死ぬという未来が見えた迅。それをなんとか防ぐために仲間たちが頑張るといえば少し安く聞こえるかもしれませんが、本当に熱かった。

前巻の最後、風刃を使った瞬間に鳥肌が立ってしまうほどに。

 

確かにかなりのダメージを負ってしまうものの、レプリカとの作戦もありなんとか死は回避。その代わりレプリカが・・・。

トリオン体という特殊な状態で戦うのが普通なので死ぬことはほぼない、と思っていましたが・・・こうした戦争みたいな状態になるとやはり死んでしまう人もいるわけで・・・辛い。

 

そんな侵攻編が終わった後の日常や記者会見、戦わない話が主なのですが、名シーンと呼んでもいいようなシーンの連続。

修と遊真が相棒と言うシーンなんか最高。

 

戦わない話も面白いというのはバトル漫画で重要だと思います。合間合間にあるそういうお話がとても大事だと思うので。

 

そして始まるランク戦。集団バトルというか、団体バトルがこの作品の肝だと思っているのでそれが十二分に発揮できそうなランク戦、楽しみじゃないわけがない。