読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白くなっていきたい。 ver.趣味だらけ

ゲーム、ライトノベル、アニメ、漫画などなどの感想、個人的な趣味のブログを書いていきたいと思います。

【ライトノベル感想】落第騎士の英雄譚 7

 

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)7 (GA文庫)

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)7 (GA文庫)

 

 あらすじ

「私が勝ったら、ヌードモデルになってもらう……」

試合スケジュールの変更で二連戦となった一輝は、《一刀羅刹》で第一試合に勝利した。だが、次の試合ではその切り札が使えない。しかも次戦の相手サラは一輝自身を創り出して戦わせられるほどの実力者。そして一輝を絵のモデルにしようと執拗に迫ってくる、いろんな意味で侮れない相手!?
剣士vs画家の異色対決! しかしそこには考えうる限り最悪の展開が待ち受けていた!?

「《幻想戯画》――比翼のエーデルワイス

《世界最強》vs《無冠の剣王》再び! 激戦必至の第七巻、登場!!

 

 

6巻がバトル三昧な巻だとすればこちらはバトル以外のものもあり、全体的にとても綺麗にまとまっている巻でした。

 

まずはサラとの日常シーン。とてもいい・・・対戦相手のことを知る、みたいなのは前からある流れでしたが、サラの印象をがらりと変えるといいますか、めちゃくちゃかっこいいんですよね。

実はサラ、好きでも嫌いでもなかったのですが、今巻で好きになってしまいました。かっこよくて、かわいらしいとこもあっておっぱいがでかい。

 

そんな日常シーン。じゃあバトルと全くかい離しているのかといえばそうではなく、ダウナーな感じのサラに本気を出させるためのきっかけを得ることができる意味のあるもの。ただの日常シーンで終わらせないところはさすがです。

 

そしてそんなサラに影響を受けてイッキと父親が仲直り、もといわがままを言うような仲に。いやここでは泣かないと思っていたのに、気付けば普通に泣いてました。こういう家族ものに弱いんですよね。

 

そしてもちろんバトルも充実。サラはエーデルワイスを描き、それを実体化。ほんと反則なんじゃないかと思う力に対し、一刀修羅を使えないイッキ。ボロボロに負けながら、相手の全力を出させて、なんとか勝利。

最後サラ自身もわがままを言っていましたし、さすがイッキにわがままを教えた相手ということでしょうか。

 

しかし一番強烈だったのは次巻への引き。珠雫が控室でたくさんの刀にさされはりつけにされているという恐ろしいシーン。恐らく天音の能力が関係しているとは思いますが果たして。

次はいったん零巻を挟もうと思います。

 

【ライトノベル感想】落第騎士の英雄譚 6

 

落第騎士の英雄譚<キャバルリィ>6【電子特装版】 (GA文庫)

落第騎士の英雄譚<キャバルリィ>6【電子特装版】 (GA文庫)

 

 あらすじ

「一人残らず消し炭にしてやるわ!」

暁のメンバー全員を自らの手で敗北させるため、一対四の変則マッチを希望したステラ。《紅蓮の皇女》の焔は、破軍学園を壊滅させた無法者たちを焼く尽さんと、かつてなく激しく燃え猛る。
一方、暁の一人、紫乃宮天音と再会した一輝は、かつて相手に抱いた不可解な嫌悪感の理由に辿りつく。ついに明らかになった天音の真の能力と彼が抱える闇は、大会に新たな影を落とし始め――!?
離れていた恋人との束の間の逢瀬、因縁の相手と交わす再戦の誓い、そして意外な伏兵の登場。七星の頂を巡る戦いは、次の局面へと突入していく! 邂逅と覚悟の第6巻!

 

 

久々のライトノベル。結局我慢できず一冊読んでしまいました。しかしそれに見合うほどの内容。めちゃくちゃ面白かったです。

 

前巻、イッキが前回覇者諸星の勝利し、ステラが遅れて登場、1対複数の試合をすることに。遅れてきたことといい修行してきたことといいまるで主人公でありますが、ステラはただヒロイン、というだけではおさまりきらない何かがあると思います。

 

如何なく発揮される修行の成果・・・と思いきや、修行で得たものはまた別にあるという恐ろしさ具合・・・イッキと戦うことを目指しているわけですがこれイッキといえど危ないのでは・・・?

多数相手にも全く劣らず、むしろ圧倒する姿を見てそう思いました。

 

しかしラブコメ面ではかわいらしい。というかすごくスケベ。ちょっと見ない間にスケベ度5割増になってる。可愛い。

 

今巻では見どころも多く、天音が明確に敵になった巻でもありました。しかしイッキを七星剣王にしてあげる、とはよくまあピンポイントでそういうツボをつけるなと思うぐらい・・・。

 

最後には蔵人VSサラ。

どちらが勝っても問題ない実力の中、しかし勝者は決まってしまう。これは先が読めず、面白かったです。そしてここで天衣無縫が再登場・・・いや、稽古つけてもらってるってだけでも熱いのに技まで使用されるとそれはもう最熱。

 

終わり方も気になりますし、時間のある時に続きを読もうと思います。

 

 

【漫画感想】かぐや様は告らせたい 1 天才たちの恋愛頭脳戦

 

 あらすじ

「恋愛は告白した方が負けなのである!」
家柄も人柄も良し!! 将来を期待された秀才が集う秀知院学園!! その生徒会で出会った、副会長・四宮かぐやと会長・白銀御行は互いに惹かれているはずだが…何もないまま半年が経過!! プライドが高く素直になれない2人は、面倒臭いことに、“如何に相手に告白させるか"ばかりを考えるようになってしまった!? 恋愛は成就するまでが楽しい!! 新感覚“頭脳戦"ラブコメ、開戦!!

 

 

紛れもなくラブコメ。ラブコメディ。しかしその内容は変わっていてあらすじの通り、頭を使って相手から告白させるように誘導するというお話。お互いがお互い告白させようとしているのでなかなかに難しいところではありますが。

 

相手から付き合ってと言われれば考えなくもない、でも自分から告白するのは嫌だというプライドを持った男女2人がなんとか告白させようと四苦八苦。恋愛頭脳戦と書いてあるようによくこんな話思いついたな・・・というようなすれ違いや相手を陥れるための作戦が毎話用意されています。

 

しかし最初の付き合ってあげてもいい、という立場から少しずつお互いが変わってきているような気もしますね。あ、ラブコメだこれ、っていうシーンも多いですし、確かにラブコメなんですけども。

 

登場人物も魅力的なキャラたちで可愛い。そう、男である生徒会長含めて可愛い。頭がいいけどバカ、というかただ頭がいいだけではないので嫌味にならない。

カップルを見かける度に怨嗟の念を抱いてしまうのですが、この2人は心からどうにかなってほしいと思えます。

 

頭脳戦はもちろん、ラブコメということでにやにやできるシーンも。純粋にラブコメを楽しみたい人にもおすすめです。

しかし表紙がこれ帯なければ内容がラブコメってなかなか分からないぐらいに綺麗、というかリアル調になっている。

 

癖になる内容、楽しませていただきました。今後2人がどうなるのか楽しみです。

【漫画感想】東京喰種:re 6

 

 あらすじ

「私、あなたのことが好きになったわ!」

犠牲を生み続ける月山家殲滅戦の最中、予期せぬ“隻眼の梟"の襲来。縫われた視界から、秘められた愛情が零れ始める。掬えないその雫は、最期の放物線を描き、対象に沁みてゆく。行き場のない意志を遺して。そして、漆黒が東京を包む時、ふたつの“隻眼"が光を放ち始める。まるで、瞬きすら惜しむ、双眸のように──。

 

 

ウォオオオオ・・・興奮やらなにやらでなかなか書くことが決まりませんが・・・。ひとまず月山家編が終了しました。

というかこの作戦、得たものと失ったものの差がとてつもなく大きいような・・・ロゼはどうやら倒されたようですが、月山習はまだ生きていますしね。

 

ここらへんの話は無印を読んでいるとなんともいえない。捜査官側からの視点が多いreですが、無印は喰種側からの視点が多い。どちらにも入れ込んでしまうためどちらの側にも立てないような感覚に。

 

読者と当時の金木研のようにさせてくるこの作品はすごい。ただ読んでいるだけなのに考えさせられることがとても多く、それは今巻においても同じでした。

 

しかし記憶の戻ったらしい佐々木、もとい金木はどうするのでしょうね。明らかに性格が変わっていましたがあれはあえてああしているのか、まだ身のふりかたが決まっていないのか、それとも佐々木と金木が混ざってああなってしまったのか。

 

無印でも途中から心優しい青年、というイメージからは離れることが多かった金木ですが、これまで以上に荒々しくなっているような気が。

 

ですが一番辛い、印象に残ったのはそこではなく、シラズ・・・。クインクスの班長としては素晴らしい功績ですが、生きていなければ意味がないですからね・・・。

 

後半には時間がたち、新たなクインクスができていましたが、まだこちらは引きずっています・・・。しかし副班長が才子ちゃん・・・可愛いんでよし!

四コマからどうやら食事当番は瓜江がやっているようです、六月もどうやら脱退したらしい?ですし、またみんなで何かやっているのを見たいと思ってしまいます。クリスマスの話、とてもよかったなあ・・・。

 

ともあれ、続きが楽しみです。

【漫画感想】アカメが斬る! 12

 

アカメが斬る!(12) (ガンガンコミックスJOKER)

アカメが斬る!(12) (ガンガンコミックスJOKER)

 

 あらすじ

死線を、斬れ。

エスデス、ブドーと激闘を繰り広げるタツミ。ナイトレイドは生きて帝都を脱出できるのか!? 一方でドロテアの凶々しい錬金術も動き出す。死闘の果て、タツミを待つもの――。最終章「千年帝国の崩壊」編開幕の第12巻!!

 

 

めちゃくちゃ熱い展開・・・。エスデスと対峙したときもかなり絶望感があったのですが、貫禄やら雰囲気やら含めるとブドーはエスデスよりも対峙したくない相手かもしれません・・・。それでも戦わなくちゃいけない。

 

実際勝てるビジョンがまったく想像できず、どうやって勝つのか、というのがかなり気になっていたのですがなるほど・・・またもや犠牲をはらっての勝利・・・確かに今回ばかりは犠牲なしには無理な感じでしたが・・・。

 

マインはパンプキンで精神エネルギーを使い過ぎて廃人状態に。しかしやはりパンプキンはあのブドーをも破ったことになりますし、かなりポテンシャルの高い帝具だったんだと思いました。

あああああ・・・タツミとマインの会話やらもフラグに見えて仕方なかったのですが、前も書いた通りみんながみんなフラグ立てるので誰が死ぬか逆に分からないんですよね・・・最終的にみんな死ぬのか・・・?

 

人がかなり減っていく中、これからどうなっていくのか。

後半の展開でドロテアをぶったおし、ワイルドハントは全滅。あとはイェーガーズですが・・・クロメとのこともまだ残っているのでどうなるやら。

 

展開的にももう最後になりつつあるのでしょう。人が減ってしまい、最初と比べるとどうしても寂しいですが、エスデス相手にどうするのか気になります。

【漫画感想】アカメが斬る! 11

 

アカメが斬る! (11) (ガンガンコミックスJOKER)
 

 あらすじ

恋と死が、せめぎ合う。

ワイルドハントを狙うナイトレイド。偵察に出たタツミとラバックは、シュラの罠にかかってしまう。そしてタツミはついにエスデスと…!? 大人気ダークファンタジー、恋と死がせめぎ合う第11巻!!

 

 

うおおおおおおおラバックゥウウウウウウウウ!!!!!いや、なんか最近すごい死亡フラグ立ててんなって思ってたんですけどまわりみんな死亡フラグ立ててくるので誰が死ぬかとか全く予想できなかったんですよ・・・。

 

しかし拷問されても折れない心、見ることができました。1巻当初からのメンバーですから・・・かなりきつい・・・。

 

タツミを助け出すために乗り込むマインとか、それに対してさらに力を底上げするタツミとかいろいろとかっこいい場面が多いこの巻。

それでもやはり辛い内容もまた多い。エスデスも相変わらずですが、やはりタツミが従わなかった場合は自分の手で殺すとのこと、なんか忘れかけるんですがこの人やばい人でしたねそういえば・・・(目に見えるやばいやつらが多すぎて相対的に常識人に見えていた)

 

大臣の息子もラバの頑張りにより倒すことができましたし、悪いことばかりではないのですが、最後の最後に絶望的な展開に・・・これ勝てるの・・・?

毎回思うのですがパンプキン、かなり帝具の中でも強い部類ですよね、ピンチになればなるほど威力が上がるという。当初はそこまで強いイメージがなかったのですが。

 

展開的にはとても熱い。次巻も楽しみですね。

 

ちなみにこれは感想かんけいないですが、更新が止まっていた理由はただ風邪を引いて寝込んでいたのと完治後すぐに旅行めいた何かをしていたからです1人で・・・なんとかそれなりの更新頻度を保ちたいですね。毎日更新?そんなものは忘れた。

【漫画感想】炎炎ノ消防隊 1

 

炎炎ノ消防隊(1) (講談社コミックス)

炎炎ノ消防隊(1) (講談社コミックス)

 

 あらすじ

全人類は怯えていた──。何の変哲もない人が突如燃え出し、炎の怪物“焔ビト”となって、破壊の限りを尽くす“人体発火現象”。炎の恐怖に立ち向かう特殊消防隊は、現象の謎を解明し、人類を救うことが使命!

とある理由から“悪魔”と呼ばれる、新入隊員の少年・シンラは、“ヒーロー”を目指し、仲間たちと共に、“焔ビト”との戦いの日々に身を投じる!! 燃え上がるバトル・ファンタジー、始動!!

 

 

ソウルイーターの作者さんの新作。内容はあらすじの通り、人が突然発火してまわりの人を襲うようになってしまう人体発火現象を止めるべく、活躍する消防隊のお話です。

 

始まり方はやはり王道。笑顔が怖く、緊張すると笑ってしまう、そして自身が発火してその炎を操ることができる第3世代を理由に悪魔と呼ばれてきた主人公が母親と約束したヒーローになるという願いをかなえるために奮闘する。

 

悲しいことにその母親はもう亡くなってしまいましたが、その時なぜ家が火事になったのか、原因は自分の発火なのか、それとも・・・という感じ。

いや、さりげなくでてくる恐怖みたいなものはソウルイーターからこちらの作品になっても健在。

 

特に発火した人のことを焔ビトと呼ぶのですが、その焔ビトが怖い。唐突に発火し、まわりの人間を襲うようになる。もちろんその状態になったらコアを破壊し、殺してしまうしか手はない・・・。

知らない人ならまだしも家族や友達など、すべての人がそうなってしまう可能性のある世界・・・とても恐ろしいです。

 

焔ビトが椅子に座っていたりと、失礼ながら不気味さ、というものがとても出ている。どうやら焔ビトになっているときはずっと燃えて痛いらしいですし、この世界にはなるべく行きたくはないですね。

 

消防隊の中でもなんの能力もない第1世代、炎を出すことはできないが操れる第2世代、炎を出しそれを操れる第3世代にわかれているのも特徴的。

能力的には第3世代が優秀という感じではありますが、第1世代も体を鍛えて対抗できますし、第2世代は普通に強い。

 

内容的にはキャラ紹介世界観紹介といったところですが、それでも十分に楽しめる内容でした。母親と弟の死の真相を知ることはできるのか、とても気になります。